9人の方へのインタビューから「はたらき」に繋がる考え方やストーリーを探る 『わたしのはたらき』

全国から数百人の人々が奈良県立図書館に集まって、「自分の仕事」について考えあった3日間のフォーラムから生まれた本。
Ⅰ 『自分の仕事を考える3日間』

 

自分の仕事を考える3日間 ・I

自分の仕事を考える3日間 ・I

 

 Ⅱ 『みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?』

 

みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?

みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?

 


Ⅲ 『わたしのはたらき』

 

わたしのはたらき

わたしのはたらき

 

 

 

この中の、わたしのはたらき を読了。

この本は著者の西村佳哲さんが9人の方にインタビューしまとめたもの。

 

「わたしたちには一人ひとりに、その人が持っている”はたらき”があるように思います。

それは職能や肩書き以前のもので、持ち味といえなくもないけれど、もっと力に近い。本人がいることで周囲が受ける影響、ごく自然に生まれる作用があると思う。
その”はたらき”と、本人の仕事、ひいては生きていることがより一致して感じられるとき、人は納得や満足や安らぎを得ているように見えるのだけど、どうでしょうか?」
(まえがきにかえて、より)

 

前提条件というか、まえがきにかえての考え方が根底にある中での「人」の選択なので、本一冊を通してみると、9人の方それぞれのスタンスが共通しているようにみえる。

 

それは、人生のゴール設定をして目標に向けて進むと言うよりは、日々を積み重ねて「今にある」というもの。

 

ただしそれは、成り行き任せではあるけれど、生き当たりばったりとは違う。

 

それぞれの方のやり方で、「今の状態」が自分にフィットしているか常に考えた中での、成り行き。


言い方を変えると、日常を通して「自分に孵っていく」ことなのだと思う。
だから、一人一人の細部をみると、例えば、A氏とB氏は相反する考えをもって行動して今に至っている人もいるのが分かるのも、この本の面白いところ。

 

自分の中の本来抱えているミッションを見つけ、自分自身のはたらきに繋げる手がかりになるかもしれない。

ありがとうございますぅ(本の話じゃないけどね)

はてなでブログ開設して2記事アップ。

覗きに来てくださった方、ありがとうございます!

☆をつけてくださった方、感謝!!

 

こちらのブログの方、まだよく分からなくって、訪問できずにいます。

スマホで見てるんだけど、HNから飛べないのよね…(^^;;

 

とりあえず、感謝を伝えたかったので。

番外編的に書いてみました。

 

ありがとう 〜♪

 

 

ホラー作家キングの文章読本『書くことについて』

 

書くことについて (小学館文庫)

書くことについて (小学館文庫)

 

 

スティーブン・キングは、映画『キャリー』『シャイニング』などの原作者。

 

キャリー (新潮文庫)

キャリー (新潮文庫)

 

 

 

シャイニング 特別版 [DVD]

シャイニング 特別版 [DVD]

 

 

 

有名だから知ってるって言うだけで、ホラー映画は怖くて見たことありません。
ましてや、その原作なんて読んだことないし、「原作かく頭の構造ってどうなってるのよぉ〜」って思っておりました。

 

こちらの本

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術

 

 で、キングが「書くこと」について述べている本と言うことで推薦されていたので読んでみよう、って思ったのがこの本を読むきっかけ。


「書くこと」の本だったら、絶対怖いことはないだろうしね。


結果。
読んでよかった♪


理由1つめ。

キング曰く
「作家になりたいのなら、絶対しなければいけないことがふたつある。たくさん読み、たくさん書くことだ。私の知る限り、そのかわりになるものはないし、近道もない」

作家になるつもりはないかもしれないけれど、ブログ程度の文章にしても、文を書いているならこの言葉は学ぶべきことだと思うのです。


そして、理由の2つめ。
キングという人が分かったこと。(分かったからどう、ってことはないんですが。)

ホラー作家って生活そのものがホラーになっているのかと勝手に想像していましたが、かなり普通!!
一日に書く量を決めている。散歩の時間もある!
そういう話が好きだから書いている。
つまり、読むのも好きってことですね。


こうやって人が分かると、作品を読んで見ようかと思えるから、不思議です。
あ、怖くない作品もあります。

 

 これもキングの作品だと知ったのは、映画を見たあと、随分経ってからのことでした。


こうして、また、読みたい本がどんどん増えていく〜

 

2017年5月に読んだ本

今年は30冊の本を読もうと思もうと目標を立てたのが、お正月。
月2冊+アルファーであれば、実現可能な数字かな…と思いまして(^^;
5月は比較的時間の余裕があったので、6冊読了。
ちょっと達成感あります♪
5月は興味の範囲が「自分」に向かっていたのが、分かるラインナップ。
それぞれの本を選んだ時には特に意識はしていなかったんですけどね。
まとめてみると分かる事って、ありますね。
 
 
『欲張り♪』な本棚 - 2017年05月 (6作品)
powered by Booklog