ホラー作家キングの文章読本『書くことについて』

 

書くことについて (小学館文庫)

書くことについて (小学館文庫)

 

 

スティーブン・キングは、映画『キャリー』『シャイニング』などの原作者。

 

キャリー (新潮文庫)

キャリー (新潮文庫)

 

 

 

シャイニング 特別版 [DVD]

シャイニング 特別版 [DVD]

 

 

 

有名だから知ってるって言うだけで、ホラー映画は怖くて見たことありません。
ましてや、その原作なんて読んだことないし、「原作かく頭の構造ってどうなってるのよぉ〜」って思っておりました。

 

こちらの本

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術

 

 で、キングが「書くこと」について述べている本と言うことで推薦されていたので読んでみよう、って思ったのがこの本を読むきっかけ。


「書くこと」の本だったら、絶対怖いことはないだろうしね。


結果。
読んでよかった♪


理由1つめ。

キング曰く
「作家になりたいのなら、絶対しなければいけないことがふたつある。たくさん読み、たくさん書くことだ。私の知る限り、そのかわりになるものはないし、近道もない」

作家になるつもりはないかもしれないけれど、ブログ程度の文章にしても、文を書いているならこの言葉は学ぶべきことだと思うのです。


そして、理由の2つめ。
キングという人が分かったこと。(分かったからどう、ってことはないんですが。)

ホラー作家って生活そのものがホラーになっているのかと勝手に想像していましたが、かなり普通!!
一日に書く量を決めている。散歩の時間もある!
そういう話が好きだから書いている。
つまり、読むのも好きってことですね。


こうやって人が分かると、作品を読んで見ようかと思えるから、不思議です。
あ、怖くない作品もあります。

 

 これもキングの作品だと知ったのは、映画を見たあと、随分経ってからのことでした。


こうして、また、読みたい本がどんどん増えていく〜